糖質とホルモン

 | 

アディダスパフォーマンストレーナーの土師です。

 

 

糖質をとりすぎると、脂肪を蓄えやすくなるということはよく聞きます。

 

それと同時に糖質に依存してしまうという問題もでてきます。

 

精製されて吸収されやすい糖。

 

この時期ならアイスクリームや炭酸ジュース等。

 

血糖値を急激に上げる食品をよく口にする機会は多いかと思います。

 

甘い食べ物を口にした時、脳からドーパミンやセロトニンという快楽と関係のあるホルモンが一時的に大量分泌されます。

 

普段とくにストレスが多い人は一時的な快楽を求めて大量の甘いものを頻繁に欲するようになります。

 

「身体が糖質を欲する→大量の甘いものを食べる→快楽ホルモンが出る」

 

これの無限ループに陥っていきます。

 

よく「糖質は麻薬だ」なんて言われていますが、あながち間違いでもないかもしれませんね。

 

一度この糖質に依存する身体になると、やめるのはなかなか難しいようです。

 

そういった方「食べて満たす」のではなく、何か息抜きできるスポーツや趣味をを見つけておくといいですね。

 

 

・体験トレーニングについて→http://azure09.com/experience

・お問い合わせ→http://azure09.com/contact

【遠方の方や、小さなお子様がいてスタジオに通うことが難しい方はこちらがオススメです。】
・オンラインコーチング→http://azure09.com/onlinecoaching
体づくりのお役立ち情報を無料で配信しています^^

LINEアプリがあれば、下のボタンをクリックするだけで簡単に登録できます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です