甘い物とセロトニン

 | 

アディダスパフォーマンストレーナーの土師です。

 

 

甘いものが無性に食べたくなる衝動が起こることってありますよね。

 

これは幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが関係しています。

 

セロトニンが不足すると甘い物が欲しくなります。

 

セロトニンとは気分を安定させる神経伝達物質で90%は小腸で作られます。

 

落ち込んだり、感情をコントロールしたりとかなり大事な物質。

 

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸を原料として作られますが、、

 

このトリプトファンを脳に運ぶ為に「ブドウ糖」が必要なんですね。

 

そして血糖値も関係しています。

 

血糖値が上がることでインスリンというホルモンが分泌されますが、このインスリンは血糖値を下げると共に体内でタンパク質が作られます。

 

体内のアミノ酸を使ってタンパク質が作られることでトリプトファンの量が一時的に増えセロトニンが多く作られます。

 

これは一時的なのでまた再び甘いものが欲しくなってしまうんですね。

 

 

・体験トレーニングについて→http://azure09.com/experience

・お問い合わせ→http://azure09.com/contact

【遠方の方や、小さなお子様がいてスタジオに通うことが難しい方はこちらがオススメです。】
・オンラインコーチング→http://azure09.com/onlinecoaching
体づくりのお役立ち情報を無料で配信しています^^

LINEアプリがあれば、下のボタンをクリックするだけで簡単に登録できます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です