コラーゲンは加齢で減るの?

 | 

こんにちは!トレーナーの中津です。

 

 

「コラーゲン」という言葉を聞いて敏感に反応するのは女性の方が多いかと思います。

 

 

お肌のハリとツヤに欠かせないとこれを重要視して摂っている方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

ちなみに、コラーゲンは何でできているかご存知ですか?

 

 

コラーゲンはタンパク質でできた網目状の構造物なんです。

 

 

意外とこのことを知らない方が多いと思います。

 

 

また、ホルモンの量や筋肉の成長など体のほとんどのピークは20代にあるといわれています。

 

 

ならばお肌も例外ではないでしょう。(25歳はお肌の曲がり角というキャッチコピーがあったくらいですし)

 

 

ですが、コラーゲンの量という意味ではピークは意外にも35~36歳なんです。

 

 

しかも60代のコラーゲン量は20代の頃とほとんど変わらないそうです。(意外でしょ?)

 

 

コラーゲン量が同じでも肌が衰える理由はコラーゲン量ではなく。「質」にあります。

 

 

意外にも一度合成されたコラーゲンはなかなか壊れず、古いコラーゲンが硬くなり、そのまま居座って肌のハリが無くなってきます。

 

 

それを解消するならコラーゲンの代謝回転をアップさせて古いコラーゲンを残さないようにすれば良いのです。

 

 

動物性タンパク質をバランス良く組み合わせ、低脂肪食を心がける。

 

 

大事なことは肌の若さの維持ではなく、コラーゲンの代謝回転を高めることを意識しましょう!

 

 

 

 

 

 

・体験トレーニングについて→http://azure09.com/experience

・お問い合わせ→http://azure09.com/contact

【遠方の方や、小さなお子様がいてスタジオに通うことが難しい方はこちらがオススメです。】
・オンラインコーチング→http://azure09.com/onlinecoaching
体づくりのお役立ち情報を無料で配信しています^^

LINEアプリがあれば、下のボタンをクリックするだけで簡単に登録できます♪