糖尿病と筋肉の関係

 | 

こんにちは!トレーナーの中津です。

 

 

ダイエットや健康に気を使われている人ならよく聞く「糖尿病」。

 

 

この糖尿病と筋肉には関係性があるのをご存知ですか?

 

 

糖尿病と聞くと甘いものを食べ過ぎてたり、食生活が不健康だからなるものと考えていませんか?

 

 

実は原因はそれだけではないんです。

 

 

糖尿病になる要因はさまざまで、食生活などの環境因子と体質(遺伝)の組み合わせで起こると考えられています。

 

 

 

 

糖尿病と肥満を結びつける方がいらっしゃいますが、病気の名前に「糖」という文字が入っているからといって砂糖などの甘いものの取り過ぎだけが原因ではないのです。

 

 

ちなみに糖尿病は1型と2型がありますが、多くの場合は2型であり、1型は10人に1人いるかいないかくらいだそうです。

 

 

2型糖尿病になる主な人は40歳以上の人、太りすぎの人、家族に糖尿病の患者がいる、著しい運動不足な人がなりやすいです。

 

 

そこで適度な運動を行うことによって糖尿病症状を取り除き、糖尿病に特徴的あるいは併発しやすい合併症の発症・増悪を防ぐことが大事です。

 

 

 

 

運動による効果が見込めることは下記が挙げられます。

 

〇 インスリン抵抗性の改善

〇 エネルギー消費の増加による高血糖の改善

〇 筋肉の肥大によるエネルギー消費の増加

〇 高血圧・脂質異常症の改善

〇 心肺機能向上

〇 精神的な健康維持

 

 

ちなみにインスリンホルモン以外で血糖値を下げることができる方法は運動だけだそうです。

 

 

年齢を重ねるにつれ筋肉は減少傾向になり、20代をピークに下肢筋力であれば80代で約30%減になるそうです。

 

 

しかも筋肉量は健常者に比べ、糖尿病者のほうが筋肉低下しやすいという結果もあります。

 

 

筋肉量の減少により、糖代謝異常となり、血糖コントロールの悪化を招く、また心血管系疾患の発症リスクが増大すると言われています。

 

 

失った筋力を元に戻すには3倍以上の時間がかかるとも言われています。

 

 

体を動かさない事は、「ゼロではなく、マイナス」と言えます。

 

 

そうならないためにも日頃から適度な運動を心掛け、適度な食事を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

・体験トレーニングについて→http://azure09.com/experience

・お問い合わせ→http://azure09.com/contact

【遠方の方や、小さなお子様がいてスタジオに通うことが難しい方はこちらがオススメです。】
・オンラインコーチング→http://azure09.com/onlinecoaching
体づくりのお役立ち情報を無料で配信しています^^

LINEアプリがあれば、下のボタンをクリックするだけで簡単に登録できます♪