水分量で変わる

 | 

アディダスパフォーマンストレーナーの土師です。

 

 

体脂肪を測定する方法はいくつかあります。

 

一番メジャーなのが皆さんご存知の体組成計。

 

体脂肪率だけでなく筋肉量など色々わかる優れもの。

 

ただ、日によって体脂肪率に差がでたりしますよね。

 

昨日よりちょっと高くなっている!なんてことありますよね。

 

一般的な体組成計は生体電気インピーダンスという分析方法で計算しています。

 

体に微弱な電流を流してその電流の流やすさを計測することで体組成を推定する方法です。

 

たとえば、体内の水分量も電気の抵抗値に関係しています。

 

体に水分があればあるほど電気を通しやすくなり電気抵抗が小さい=脂肪が少ないと判断されます。

 

水分を沢山とった後、お風呂上がり、寝起きでそれぞれ違うのは体水分量の影響によるもの。

 

体脂肪を正確に測定するにあたってのポイントは

 

「毎回同じ条件で測定すること!」です。

 

前日と体の変化が少ないよう同じ条件で体脂肪を測り多少の上下で一気一憂しないようにしましょう!

 

・体験トレーニングについて→http://azure09.com/experience

・お問い合わせ→http://azure09.com/contact

【遠方の方や、小さなお子様がいてスタジオに通うことが難しい方はこちらがオススメです。】
・オンラインコーチング→http://azure09.com/onlinecoaching
体づくりのお役立ち情報を無料で配信しています^^

LINEアプリがあれば、下のボタンをクリックするだけで簡単に登録できます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です